参加の注目選手紹介〜TFMC2017〜

東京フレンドリー記憶力選手権2017(以下、TFMC2017)に参加予定の注目選手を紹介いたします。

Simon Reinhard選手/ドイツ
simon.png
世界トップレベルのプロメモリースポーツ選手。
メモリースポーツ界のスーパースターで絶大な人気を誇る。
Memory League 2014、2016の世界チャンピオン
ドイツ選手権を始め、イギリス、イタリア、台湾、シンガポール選手権などで優勝。
世界記憶力選手権準優勝2回、3位3回など抜群の実績を誇る。
どの競技でも抜群の安定感を誇るが、
その中でも特にスピードカードを武器としておりそのタイムは、20.44秒。
●大会成績
http://iam-stats.com/athlete.php?id=12989

●優勝したXMT2016(現Memory League)の様子


●最強大脳2015(中国代表VSドイツ代表)




HUANG SHENGHUA (黄胜华)選手/中国
Huang.jpg

TFMC2016チャンピオン。世界選手権2016準優勝。
中国国内でも圧倒的な力を誇る。世界選手権2014〜2016中国代表。
中国国内では絶大な人気を誇り、中国版TWITTER新浪微博んフォロワー数は35,000人を超える。
プロメモリースポーツ選手。
●大会成績
http://iam-stats.com/athlete.php?id=11181

●最強大脳2016(中国代表VSドイツ代表)





Tansel Ali選手/オーストラリア
tansel.jpg

オーストラリア国内大会で優勝5回を誇る実力者。
世界選手権2003,2012オーストラリア代表。
オーストラリア国内では敵なしということで満を持して今回東京大会に参戦。
●大会成績
http://iam-stats.com/athlete.php?id=13172



平田直也選手/日本
17092311_1128333590609592_1057126090_n.jpg

メモリースポーツを始めて若干1年で日本選手権で準優勝。
世界のトッププレイヤーが集まった韓国選手権では総合21位と好成績を収める。
今後の活躍が期待できる10代の超新星。Brain Sports Academy所属。

●大会成績
http://iam-stats.com/athlete.php?id=12294


阿部博選手/日本
abe.jpg

世界選手権2015,2016シニアの部で準優勝。日本代表。
香港選手権、韓国選手権、台湾選手権、日本選手権、東京フレンドリー選手権などでシニアの部優勝多数。
シニアの部では、アジア圏では敵なし。プロメモリースポーツ選手。Brain Sports Academy所属。

●大会成績
http://iam-stats.com/athlete.php?id=11139

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ジャパンオープン記憶力選手権実行委員会

Author:ジャパンオープン記憶力選手権実行委員会
ジャパンオープン記憶力選手権(旧東京フレンドリー記憶力選手権)は、International Association of MemoryとAsia Memory Sports Allianceの公式大会です。本大会は世界ランキングに反映されメモリーアスリートの日本一を決める大会です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス数